スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



管理人について


 ▲このサイトについて ▲未知への扉(リンク) ▼管理人について



■ペンネーム
都笠嶺子(つかさ・りょうこ)
 7月1日生まれの蟹座B型。左利き。


■好き
・読書(まんが・小説中心)、PCゲーム。クラスのすみっこまたは図書館で本を読んでいる系です・・・。
 部屋も本棚のスキマに寝泊りしてるかんじ。学生のときは、早弁して昼休みは図書館へ!でした。
 お金あったらそれなりの本屋さん1軒買占めたい。図書の都行ってみたい。
・「ひぐらしのなく頃に」「うみねこのなく頃に」
・ネオロマ、乙女ゲ、ギャルゲ。
 18禁でも萌えゲーでもキャラ萌えだけの作品には手を出さない。物語や燃えも兼ね備えた作品が好きです。
 BLは基本苦手。ストーリーの作りこまれた話ならストーリー目当てで手を出すことはあります。
・同人界に入るきっかけはトルーパー。他、星矢とかGガンとかCCさくらとか・・・
・トレカとかの収集(現在は神羅万象チョコのカードをちまちま収集)
・気が向いたら着うた作り。
・白戸家のおとうさん(しかし今使ってる携帯はau)。
・乗り物(電車とか飛行機とかフェリーとか)。時々時刻表から簡単なダイヤグラム組んで遊んでたりします。
・ファッションはすらっとシンプルなのがすき。店でもひらひらより男物デザインにひかれます。
 (見た目ばかりで実用性のないもの、フリルとかレースとか小花紋様とかは基本苦手で近寄りません。
  でも、使い方によってきれいだなーと思う。ようは使い方次第ってことか)


■好きな作品の傾向。

 ←「コミックダッシュ!」登録しています
 所有コミックを登録して一覧作成&登録したコミックの新刊の情報をチェック&
 お勧めコミックの紹介もできるサイトです。
 自分が載せてる作品は、読了してそれなり以上に気に入ってる作品。
 評価の高い作品、お勧めに入れている作品で傾向がわかるかと。

 歴史物や、ストーリーでキャラの背景などを追っていく、シリアス、切ない系、考えさせる話が好き。
 あと、ドキュメンタリーや動物ものも好き。カラフト犬物語(南極物語)は小学校1年で読んで泣いた。
 その他、ファンタジーものや少女まんが、少年誌青年誌などなどわりと雑食。
 江戸川乱歩の少年探偵団系は小学生時代に、中学時代はミステリーとかホラーとかお化けものとか好んで読んでたw
 高校の図書館には銀英伝とコバルト(氷室冴子さんとか新井素子さんとか唯川恵さんとか)があって、
それがものすごく嬉しくて常連になっておりました。
 本屋さんも通勤/通学のときにほぼ毎日立ち寄るので、店員さんに覚えられてることほぼ間違いなし。

 アニメのDVDとかも、その物語の起承転結がどうアニメーションで表現されるかを楽しみたいので、買おうと思ったら全部買って最初から最後まで順番で再生してまったり楽しみます。

 ギャグやコメディ物は・・・馬鹿騒ぎナンセンス系が苦手なので、はまれる作品が少ないです。
 ナンセンスでも馬鹿騒ぎでも不条理系でも上手い見せ方、ツボにはまればうわこれすごい!で
 気に入ることもあるけど、途中で読むのやめて売りに行くことが多い。

 ハッピーエンドは大好きですが、物語の筋や作中のキャラクターの想いをまげて無理押しでハッピーエンドに
されると萎えます。○○さえ幸せならあとはどうでもいい!的なご都合主義展開がものすごく苦手。
 たとえバッドエンドでも筋が通ってて、あるべき結末に落ち着いているならば、それでいいと思う。


 「ひぐらしのなく頃に」には、原作目明し編が出た直後くらいに友人のすすめではまりました。
 キャラクターのホラー、キャラクターそれぞれの持つ光と闇を読み解いていくのが好き。
 キャラで好きなのは詩音。
 物語として好きなのは目明し編と賽殺し編。
 怖い話として一番だったのは綿流し編。くけけけけとか目とかホラー演出が上手かったと思います。
 祟殺し編はKOOLにはまっていく圭一に同調しつつ、同時にちょっと離れた冷めた視点で同時に見るのが面白かった。
 最後沙都子に拒絶されるあたりとか、圭一はショックだけどそれはまあしょうがないだろう、と。
 祭囃し編は、悟史の行方がわかったのは嬉しいけど、ちょっと部活メンバーに都合よい展開てんこもり過ぎて、
 最後のファンサービス大盤振る舞いだなーhahaha、というかんじ。
 物語としての最終回が皆殺し編ってのには納得。祭囃し編はファンサービスとして楽しめました。

 出題編前半のコメディ部分は、勢い迫力があって嫌いではないのですが、プレイしながら思っていたことは、
「時報まだー前フリ長すぎークリック疲れるよ・・・」だったりしてました。
 実際、シナリオの前半はプレイ速度ものすごく遅くて何日もかけて、時報をすぎるとプレイ速度が上がって
一気に終了、という状態。
 ただ、物語として、このパートは必要な部分。
 この日常があるからこそ惨劇が際立つわけで。後半で「日常に戻りたい、運命を打ち破りたい」と思えるわけで。
 そういう意味で欠かせない、とても大切なパートだと思っています。


■同人活動
個人サークル「時空ノ小径(ときのこみち)」で活動中。
自分の描きたいものをつらつらとまとめていってます。現在詩音中心→サトシオンエンド目標で進行中。

現在体調や仕事との兼ね合いで新刊作成やイベント参加のペース見直し中。ペース落として活動しています。
とりあえずコミケ最優先。あの空気と緊張感がすき。
その方の作品自体を楽しめなくても、サークル参加者として尊敬できる人はたくさんいます。
自分もサークル参加者の末席として!サトシオンエンドまでは活動頑張ります・・・。


プロフ作ってみましたのです。



 ▲このサイトについて ▲未知への扉(リンク) ▲管理人について
スポンサーサイト



このサイトについて 】関連の記事
 2006/10/01  このサイトについて
 2006/10/01  未知への扉(リンク)
 2006/10/01  管理人について
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。